4月号 雑記なのでお暇なら

今日は伊勢で仔猿のミーティングが有志の方々で行われているよう。 私は仕事ですが(笑来週、小豆島へのツーリングを計画しているのだけれど、天気予報は芳しくない様子。別の家族サービスに予定変更するか…フェリーの予約キャンセルの都合もあるので明後日…

4月号 Night run 『夜桜を嗜む』

娘が2輪デビューした。 とはいっても、自転車だけど。 いままではペダルの無いストライダーという幼児用の2輪だった。 基本的には公道走行は不可のトレーニング用のマシン。 自転車は公道が走れるから、ある意味別物だ。交通社会が待っているのだから。自転…

『次号予告』春の夜風に誘われて

春の夜風に誘われて、少し散歩しようと思った。この間ガス欠になった仔猿を押しながら歩いて 数百メートル先のガソリンスタンド。今回は溢れさせずに満タンにできた。 気分がいい(笑ちょっとだけ走ろう。 少しだけ冷たい春の夜風が心地いい。10分程走ったら…

3月号 あとがき

ホーキング博士が死去された。彼について語り合える程の知識は無いけれど、難病を抱えた車椅子の天才の存在感は偉大だった。学の浅い私にとって、彼の唱える宇宙理論はある意味エンターテイメントだった。タイムトラベルは不可能だとした理論。 しかし、タイ…

3月号 『海辺を嗜む』ワインディングと牡蠣フライ

昔読んでいたツーリング雑誌にはしまなみ海道と北海道が季節の定番で特集されて、何時かは走ってみたいと思っていた。 北海道は行くことができたけれど、しまなみ海道は関東からは遠くてあきらめていた。 仕事で関西圏に越してきたころには旅をする事に飽き…

2月号 あとがき

昔からなのですが、バイクで走っていた時のことを思い出している時や、つぎはどこを走ろうかなどと考えている時に蘇る光景があります。 コーナリング中、不意にリヤのグリップが抜けて、まるで木の葉が舞うように地面を転がってゆく自分とバイク。 それはフ…

2月号 小春日和を嗜む 

すっかり冬眠している仔猿と私だけれど、数日前からそろそろ起きようか?と思ったりしていた。近くにダム湖の脇を抜ける道がある。 ルートの起点にする公園もあり駐車場もあり好都合だ。 仔猿で自走してもいいけれど、交通量の多い大きな橋が迂回できないの…

10月号 あとがき

転勤で引っ越してきた頃にお世話になっていたダーツカフェ。オーナーには大変良くしていただいた。結婚してから夜に出歩く訳にもいかず、ご無沙汰になっていたのですが…。ガンを患っており、治療に専念するためオーナーを降りるとのこと。昨日、仔猿ミーティ…

10月号 『意匠を楽しむ』

その昔、大橋巨泉さんのコマーシャルと共に大ヒットした万年筆。 パイロット エリート。 リアルタイムで私はこの世に生まれていたか、いないかの頃。 その万年筆はサラリーマンのワイシャツの胸ポケットに差す事を前提に設計されてる。底の浅いポケットに収…

10月号 『散歩を嗜む』 路地トリップと喫茶道端

適材適所 可能性にチャレンジする事も楽しいけれど、先ずは仔猿の意匠を生かすような楽しみ方をしたいと思っていた。 取り合えず走る様には組み上がった仔猿。少し足を延ばしたい気持ちを抑えて、路地散歩に出掛けようと思った。 時間を選ぶ 住宅街の路地は…

10月号 仔猿届く

購入に向けての最大の難関 妻帯者が趣味のものを購入する場合、嫁さんに相談が必要になるのはいったいどの程度の物からだろうか? 大きさにしろ価格にしろ・・・まぁ、黙って買うわけにはいかないと。 幾度かの家族サービスと誕生日となんやかんやで、なし崩…

LIVE版 計画的な無茶をしよう

平日が休日になったりする仕事なので、そんな日の夕方は子供を保育園に迎えに行ったりするのだけれど。今日はばあちゃん家にお泊まりするらしい。 よって完全にフリーになった。 例えば仔猿で少し遠出してトラブルで自走できなくなったとしても、夕方までに…

9月号 あとがき

夏って短いなと思うこの頃。 9月になると日も短くなるし、空気も変わる。 バイクに乗っていて感じる「空気」は特有なものがあると昔から思います。 Z31Aでまたその感覚を味わえるのかなと思ったりしています。 次の更新は9月末頃から(10月号)を予定していま…

9月号 仔猿どう買う?

単刀直入に言えば 開発と販売を行っている「CKデザイン(有)」という会社へ電話で購入の相談をするところから始まる。 そのとき在庫しているものを確認し、自分の要望と合う仕様のものがそろうかは運次第と思っていい(笑 小さい会社とHPには書いてあったが・…

9月号 がむしゃら1500キロに想う 私の仔猿ライフの原点

少年は旅にあこがれる。 理屈なんて必要ない。 確か中学生の頃、その本をラジオの朗読番組のようなもので知った。 自分と同年代の浮谷 東次郎という少年(金持ちの息子)が、関東から大阪までのツーリングにでる。 青臭いけれど、主人公がその旅を通して感じ…

創刊号 『小さいバイクに乗ろう』 仔猿ライフ始めました。 

永遠なんてない ホンダの原付バイク「モンキー」が生産を終了したそうだ。 排気ガスの規制が厳しくなって対応しきれなくなったとか。 バイク離れもニュースで見かけた。 他人事のように書いているけれど、過去に乗っていたことがある。 卒業や満足なんてうそ…